地名の表記に隠された魅力を一緒に探し出しましょう。

Category
どちらが正しい?地名の表記
「お茶の水」と「御茶ノ水」の違い
「太宰府」と「大宰府」の違い
「由布院」と「湯布院」の違い
「阿倍野」と「阿部野」の違い
「飛鳥」と「明日香」の違い
「修善寺温泉」と「修禅寺」の違い
島根県邇摩(にま)郡仁摩(にま)町大字仁万(にま)町
知っているとちょっとだけ得する、地名の雑学
二つの地名を合成した地名 大田区、国立市(東京)、蒲郡(愛知)
政令指定都市に共通する区 北区、中央区、港区…
採用されなかった市名、アップル市、太平洋市、南セントレア市
十二支が揃う地名 東臼杵郡北方町(宮崎)
静岡にある「新幹線」という地名
「吉祥寺」という寺はどこにある?
日本で、最も多い地名は「中村」

地名の表記に関する雑学

以前より、各地の地名を見て気がついたことがあります。日本一短い地名は何ですか。それに対して、一番長いのは何ですか。数字の地名はどう読みますか。日本で一番多い地名は何ですか。また、なぜ同じ読み方でも書き方が違うのですか。そして、なぜ同じ漢字でも読み方が違うのですか。など、いろいろな疑問が頭に浮かびます。それらは全部、地名の表記に関する面白い雑学なのです。


地名の誕生について、昔人々が住むところに地名は自然的に生まれてきたと思われています。近代になると、企業名からつけた地名もたくさん出てきました。最も有名なのは、多分愛知県の豊田市でしょう。また、一般公募で地名を決められたのもは珍しくなかったです。


私たちは、地名を見ると、地理的な要素のほか、歴史や文化、政治、経済など様々な要素を考慮したうえ、表記を行ったことがすぐ分かります。「津」や「泊」がつくのは港を意味するように、地名から自然に地形が想像できます。アイヌ語が多い北海道の地名など、方言由来の地域特有の地名から、各地に息づく多彩な文化も凄く魅力的です。


各地に残されている不思議な地名もたくさんあり、その中に隠された謎に興味がわきます。


地名の表記に関する雑学

どちらが正しい?地名の表記

それぞれの地名の表記の由来から日本を深く理解できます。

知っているとちょっとだけ得する、地名の雑学

地名に隠れた知識の魅力を皆さんで一緒に探しましょう。